長女パピと三女エルとのラヴ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小国神社の菖蒲を見たよ~♪
薔薇の後は・・・・菖蒲ですよ~

ほんとは紫陽花を見に行こうかなぁ~って思ってたけど
父が足が痛いって言うし~

小国神社の菖蒲園は小高い場所に椅子があって
そこで園の全体を見ることができるのでそこに決定~
   < ほとんど歩かずに観賞できるんですよ。 >

今度は父がデイサービスで居ない時に
     もっといいとこ行ってやる~ ←本気で思ってる

DSC03699.jpg

   まずは小国神社のすぐ手前のごはんとお茶が美味しい
       太田茶屋 さんでランチ・・・凄い混んでてびっくり

                  去年のもぽちっ
川沿いを歩いて芝生広場のほうでおにぎりをいだきましたよ~

DSC03704.jpg

少し芝生広場でお散歩したんだけどパピちゃん食べる気まんまんですっ

DSC03694.jpg

去年も来た けど此処のおにぎり美味しいの~握り方も少し柔らかくて私好み

お店のおばちゃんたちが1つ1つ心を込めて握ってくれてるんですよねぇ
          お味噌汁も美味しかったなぁ~

DSC03698.jpg

むぎ茶がセルフで頂けますよ~こうゆうサービスがうれしいですね。

DSC03697.jpg

パピとエルにはあげませんよ~白米ならいいけど塩味あるからね・・

DSC03703.jpg

幸せの鐘も~夢子さんは愛しのエルちゃんと一緒に??

この日の目的は此処じゃあないよ~小国神社に行かなくっちゃあ

DSC03708.jpg

菖蒲満開~ 来てよかったぁ

         前に来た2011年のもぽちっ        

DSC03720.jpg

まずは3人で一枚記念撮影~
父は菖蒲園に来たこともすぐに忘れてしまうので
帰ってから写真を見て自分が写ってるのを見て納得するんですよ~
なので写真はとっても貴重な証拠なんです

足が痛くて余り歩けない父は菖蒲園の少し高い場所で座って休憩しててね。

DSC03710.jpg

   曇り空だけど地面は熱かったね
菖蒲の花も暑すぎて少し元気がなかったみたい~

DSC03722_20150612221155d47.jpg

DSC03714.jpg

DSC03724.jpg

パピが来てからほんとに自然を楽しむ機会が増えました。

山も川も好きだし自然に囲まれてるとそれだけで幸せな気持ちになれます。
 自然のパワーって凄いわっ
時間に追われずにゆったりと充実した時間を過ごしたいなぁ~

菖蒲を見た後はやはり小国神社にあることまち横丁で
  焼きたて煎餅を食べたり
      かき氷も

DSC03736.jpg

DSC03734.jpg

     エルちゃん・・・凄い舌です~エルって.なんでいつもこんな面白いんだろ??

DSC03740.jpg
 
やっぱお参りもしなくっちゃね~小国神社の本殿です。 

参道は抱っこして歩きましたよ~もしかして・・ちっことかしたらいけないもんね。
   < 歩かせるのは禁止ではありませんよ~ >

途中大きな立派な木が続きます・・・樹齢何百年なんでしょ~っね??

DSC03742.jpg

参道のすぐ横には川があって水が綺麗なの~
水辺に降りてみたけど水に触ってみたら冷たい~

DSC03744.jpg

パピエルも写したいし赤い橋も写したいって思って撮っこらボケボケ~
はっきり写ってたら綺麗な写真なのになぁ・・・

私事なんだけど実は老眼が進んでて・・
カメラの小さい液晶画面では綺麗に撮れてるように見えた写真も

PCの大きい画面で見たら・・・がーん
そろそろ老眼鏡必要かも~








 
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://papiaile.blog36.fc2.com/tb.php/765-1e683d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パピラヴママ

Author:パピラヴママ
パピH14年、5月19日生まれ

ラヴH16年 8月10日生まれ

エルH20年、5月16日うまれ

おっとりパピとおてんばエルとの
楽しいお出掛け日記

天国の次女ラヴちゃん見てますか~♪



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。