長女パピと三女エルとのラヴ日記
猫ちゃんの事
20100211122422
今日会社の友達が目を腫らして私の所に来たの。
どうしたの?って聞いたら
友達…娘さんが昨日学校の帰りに瀕死の猫ちゃんを見掛けたの(泣)
フラフラしていて歩けない位だけどミャーミャー泣いていたそうです。

そこは家から遠いため娘さんは自転車だったので急いで家に帰って段ボールとバスタオルなどを用意して母を待ってました。

友達が(母です)会社から帰ったら泣きながらその話をしたので
直ぐに車で猫ちゃんの所にいったそうです。
そしたら…猫ちゃんは既に亡くなったしまってました。

友達の娘さんは助けてあげられなかったととても落ち込んでいるそうです。

友達はその猫ちゃんをその場に残して手を合わせて帰ってきてしまったそうです。

友達も辛かったでしょう。
私は何も言えませんでした。

私は今までそいゆう事は経験ありませんが
それが夜の8時頃のとき
どうすればいいのでしょう。
私なら多分かかりつけの獣医さんに連絡して聞くかなと思いましたが…
実際その場になって亡くなった猫ちゃんをどうしてあげたらいいか…迷うかも…って思いました。
良かったらアドバイスお願いします。
スポンサーサイト

コメント

辛いですね。
交通事故で亡くなった猫は連絡するとゴミ収集車が来て生ゴミみたく持って行かれるって聞いた時は悲しかった。
命なのに~私達と同じ感情があるのにって。
日本は先進国なのに動物愛護にはおくれています。
悲しい事です。

お友達もせめてダンボールに入れてお家に帰って
暖かくして見送って欲しかったです。
その次の日に市役所に連絡できるから。

今はカラスもいますから…そのままでは可哀想です。

でも私も悲しんでいる友達にはやっぱり言えないです。

不幸な猫ちゃん…多すぎですね。
[2010/02/11 17:00] URL | ソラのママ #- [ 編集 ]

No title
フェンママも以前、
瀕死状態らしき猫が我が家の室外機の下にいるのを夕方発見。
最初、市役所に連絡したんだけど、あちらこちらに内線で回されたあげく
「翌日にもう一度連絡してください」とのことだったの。
結局、生きているか死んでいるのかで引き取り方が違うみたいなのね。
フェンママ猫が苦手だから
猫ちゃんには申し訳なかったけど家の中に入れることできず、
温めた牛乳と食パンを側に置いて「ごめんね!これだけしかできないの」って・・・
翌朝、恐る恐る見てみたら、牛乳もパンもなく、猫もいなかったの。
あの時ね、
純粋に無事を喜ぶことよりも
居なくなっていたっていうことにただただホッとしてしまった私。
お恥ずかしい限りです。
今、ボランティアで里親探しをしている人達がいますよね。
ご自分の生活リズムを崩してまでも、こうした活動をしていらっしゃる方々!
尊敬致します!!
[2010/02/11 20:45] URL | フェンディママ #yd1dj.v2 [ 編集 ]

No title
私も同じ様な経験をした事がありますe-444

v-279が降っている中、息絶えているニャンコちゃんをこれ以上、車の下敷きにならないように邪魔にならないトコロに移動させて家に帰った事がありますe-351
でも、帰ってからやっぱり気になったので、タオルと段ボールを持って既に亡くなってしまっていたニャンコちゃんを家に連れて帰り、自宅の庭に埋葬しましたv-363v-363

今、考えると自宅に庭になぜ埋葬したのか疑問ですが、その時はそれが精一杯でしたe-330

でもねっ・・・v-363v-363
そのニャンコちゃんの傍では、客待ちのタクシーの運転手さんがいたんですよっe-329
それなのに、ただ見ているだけで、何もしない運転手のオジサン達v-359
一瞬、怒りが沸きましたよっ・・・v-412

パピラヴママさんのお友達さんと娘さんは。手遅れだったとは言え、ちゃんとアクションを起こしたんだもんv-363v-363
タクシーのオジサン達より優しいですよっ・・・e-328
[2010/02/11 21:12] URL | chika #- [ 編集 ]

ソラのママさんへ
私も動物は生ゴミと…って聞いて信じられないって思ったことあります!


友達もきっと辛かったと思います。
まだ目が腫れていたので夜中辛かったんだと思って何も言えなかった(T_T)

そうですね~せめて他の動物の目の届かない場所に…本当です。


夜中でも連絡できる体制欲しいですね。
ありがとうございました。
[2010/02/11 22:10] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]

フェンママへ
フェンママは猫苦手なんだね~知らなかったよ。

市役所も直ぐに対応してくれないんだね(泣)
それって亡くなったら連絡してって事みたいで悲しいな。

その猫ちゃんはきっとそこで亡くなったら迷惑かけるからって場所移動したのかも…

猫ちゃんはお世話になった人に死をみせないって聞いてます。

ボランティアさんって本当に尊敬だね。私達もせめて自分達の回りだけでも
出来る事をしたいって思います。

そして殺処分ゼロになる日はいつなんだろ…
[2010/02/11 22:27] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]

chikaさんへ
chikaさんは猫ちゃんを自宅の庭に埋葬してくれたんですね。
やっぱりchikaさんは優しいなぁ~(u_u)o〃
私もその場にいたら亡くなった知らない猫ちゃんに触れる事ができるのかなって思いました。
恥ずかしいけど…。

タクシーの運ちゃんみたいな人って多いと思うな。
見て見ぬふり…悲しいね。

車で走ってると事故で亡くなってる猫ちゃんが多すぎる!

そうならない用にできたらそれが一番なんだけどね(>_<)

猫生を全うさせてあげたいですもんね。
[2010/02/11 22:37] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]


本当に可哀想なニャンコが多すぎる!
我が福岡は殺処分No.1なんですよ(泣)

冷たいようですが亡くなったニャンコはそれ以上被害に合わない場所においてあげて
翌日それなりの場所に連絡してあげるのかいいかな。

ニャンコは情があついので家に連れて帰るとそこの思いが残るっていいます。

その方は助けようとして手を合わせてあげたんだもの。

娘さんも優しい子ですね。
[2010/02/11 23:30] URL | プリンママ #- [ 編集 ]

No title
助けてあげられなかったネコちゃん、残念でしたね。
すでにみなさんがお書きのように、段ボールに入れてあげて、翌日には市に連絡するのが最善かと思います。

ウチのほうも野良猫が多くて、心配や悩みがつきないです。
うちでも去年から今年にかけて、ある親子猫とのつきあいがあり、
先月は母猫に避妊手術を施しました。
詳細はそのうちブログに書こうかと思っています(と思いつつ一カ月近くが経っちゃった~)。
[2010/02/12 02:01] URL | ぷくたま #- [ 編集 ]

No title
子猫ちゃん、母猫とはぐれちゃったのですね・・・
娘さん、どうしていいか解らずにでも必死に守ろうとして・・・
守れなくて落ち込んじゃって、とても優しい娘さんなんですねe-420
きっと猫ちゃんにもそれは伝わっていると思います。

わたしも事故に合って亡くなっている猫ちゃんを車から見かけ、
何度も見過ごした事があります・・・
これからはなるべく早く供養できるように適切な場所に連絡しようと思いました!
パピラヴママさんもお辛い中、記事にしていただきありがとうございましたe-466
[2010/02/12 07:50] URL | jyutam #aIcUnOeo [ 編集 ]

No title
お友達と娘さん優しいですね。
私だったらどうするだろう…って考えましたが
正直実際にその場になってみないとどう言う行動を
自分がとれるか分かりません。
なのでアドバイスなんてとてもできませんが
亡くなった猫ちゃん、手を合わせてくれた人がいただけでも
救われたんじゃないかと私は思います。
捨て猫、野良猫…もっと減る世の中に変わってくれれば
いいのにって思いますね。
[2010/02/12 09:12] URL | 陽芽ママ #MyJ0QW/M [ 編集 ]

No title
私は今でこそワンコ命!ですがchocoを迎えるまでは猫派だったんです。
生まれた時からずっーと猫と一緒に生活してきたから、猫が家にいるのが当たり前だったんですよ。
私の小さい頃はよく、本当によく捨て猫を拾って帰ってきました。
時には一気に5匹連れて帰って一晩中家族と一緒に看病しました。
捨ててあれば連れて帰る・・・母にしてみれば困った子供だったでしょうね。


冷静に考えれば違う行動をとったのに・・・と思うことありますよね。
いつも動物と一緒に暮らしてる人なら連れて帰って翌日市役所に連絡することもできるでしょうが、動物慣れしていない人だと・・・・ムリかもしれませよね。
でもその子猫ちゃん、最後に優しい女の子に出会えたことはきっと分かってくれるんじゃないかな?
[2010/02/12 16:24] URL | chocoママ #wbAbJNKY [ 編集 ]

ぷくたまさんへ
ぷくたまさんもやっぱり次の日にって思いますか?
そうですね。友達にアドバイスしてあげれば良かったかも…

これからもあるかもしれない事だから
少し落ち着いたら話してみますね♪ありがとうございます。

親子猫ちゃんがいるんですか?
私猫も好きなんですよ~(^.^)

又blogUPしてくださいね!
楽しみにしています♪
[2010/02/12 19:41] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]

jyutamさんへ
私が今までで辛かったのは三車線ある大通りの真ん中位の車線で
ひかれてしまって下半身だけ動けなくなってキョロキョロしてる猫ちゃんを見た時でした。

助けてあげられなかった…今も忘れられません(x_x;)


この日の仔猫ちゃんは可哀想でしたが
最期は優しい娘さんに想われて…成仏してくれると信じたいですね。

優しいコメントありがとうございました。
[2010/02/12 21:07] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]

No title
まだ子猫だったのかな・・・。母猫とはぐれて、どんなに寒くて心細かっただろうって思うと辛いです。
もし、自分の愛犬が行方不明になってこんな思いをしてたらと思うと・・・。
娘さん、たとえ助からなくてもさいごは暖かい思いをさせてあげたいって、バスタオルを用意して待ってたんでしょうね。とても心優しい。
猫ちゃんきっとわかってくれてると思う。もう、悩んだり泣いたりしないで大丈夫って言ってあげたいな。

数年前、会社での帰り際。会社の天井の隙間から落ちたらしく、会壁と壁の間から「ニャーニャー」とかぼそい鳴き声が・・・
そのとき私は・・・これじゃどうしようもないかな・・明日になったら死んじゃうのかな・・・
って思いながら社長に言ったんです。
社長、壁にデカイ穴あけて救出、助け出されたノラ猫の赤ちゃんは今では社長宅で優雅に愛されてます♪
[2010/02/12 21:16] URL | ゆ~ #- [ 編集 ]

陽芽ママさんへ
猫ちゃんはワンコみたいにずっと家の中って中々できないから
飼い猫ちゃんが外に出て不幸な目に会う事も多いんですよね(x_x;)
私ももし友達の立場になったらって考えました。
多分そのままには出来ないだろうけど…
雨とか降ったら身体ひえちゃう…とか(-_-;考えちゃいました。

猫ちゃんは自由な分危険が多いですね。

今は車社会だしいつ加害者になるか…辛いですね。
[2010/02/12 21:19] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]

プリンママさんへ
順番違ってしまってご免なさい(;_;

福岡は殺処分No.1って…動物好きな人にはたまらないですね。
欧米では救護所があって又ペットショップでは生体販売はしていないそうですね。

日本は…遅れているのでしょうか?

なんでこんなに違うのかな。

友達も娘さんも動物大好きな優しい方達です。
この猫ちゃんも最期に優しい言葉掛けて貰えた事
きっとわかってくれていますね!


[2010/02/12 22:18] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]

chocoママさんへ
chocoママさんが猫派ってびっくりしました( ̄▽ ̄)
そしてchocoママさんにとってchoco君は凄い存在なんだなぁ~って改めて実感しました。

私もパピが来るまでは猫を飼ってたんですよ~(*^∇^*)
可愛かった~私猫も大好きなんです♪
今はワンコ命になりましたが(笑)…一緒ね。
友達は市役所に連絡って事も考えつかなかったみたいです!

やっぱりどうしたらいいかとっさにはわからないんですよね。

もっと事故に会う動物が減るように。
どんな時でも助かる命なら助けてあげられたらって思います。

ありがとうございました。
[2010/02/13 23:14] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]

ゆ~さんへ
亡くなったニャンコは仔猫だったそうです。
母親と離れて…そうかもしれないですね…悲しいです(;_;

私も事故にあった動物見ると我が子を思う時がありますよ~
見る度にリードはしっかりしなきゃとか
もっと大切にしなきゃとか思ってます(^^;

ゆ~さんは素敵な社長さんの下で働いてるのね~(*^∇^*)

その猫ちゃんは今はセレブ猫として幸せにくらしてるのね~♪

みんなが社長さんみたいなら不幸なニャンコも減るんだろうな(=^_^=)
[2010/02/13 23:24] URL | パピラヴママ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://papiaile.blog36.fc2.com/tb.php/211-64bab2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パピラヴママ

Author:パピラヴママ
パピH14年、5月19日生まれ

ラヴH16年 8月10日生まれ

エルH20年、5月16日うまれ

おっとりパピとおてんばエルとの
楽しいお出掛け日記

天国の次女ラヴちゃん見てますか~♪



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード